消費税10%「ダメ」圧倒/「しんぶん赤旗」が都内でアンケート

今でも大変なのに/国民のために使っていない

「安倍政権・来年10月からの消費税10%増税どう思う?」を聞いたシールアンケートに応じる女性(左)=23日、東京都板橋区のハッピーロード大山商店街(「しんぶん赤旗」Webサイトより)
臨時国会が始まるのを前に、「しんぶん赤旗」は23日、東京都内の商店街で「安倍政権・来年10月からの消費税10%増税どう思う?」とシールアンケートを呼びかけました。

増税に「よい」が10人だったのに対し、「ダメ・困る」が103人と圧倒的多数に。

「今でも大変なのにダメに決まっているじゃないか」
「税金が上がってもみんなのために使っていない」

という怒りの声が噴出しました。

************

東京都板橋区の「ハッピーロード大山商店街」。
シールアンケートの「来年10月からの消費税10%増税どう思う?」のボードを見て足を止め、「増税はダメです」とアンケートに応じる買い物客など2時間で113人がシールを貼りました。

中には通りすぎ、戻ってきて応じる人の姿もありました。

同区の女性(71)は「物価が高くなったら大変。今だって物が高いし、税金は持っていかれるし、年金暮らしで何でも大変になる」と怒ります。

「(複数の税率で)事務処理が大変になります。レジも入れ替えなければならないし・・・」と商店街の人は溜息まじり。

走り寄ってアンケートに応じた女性(54)は「増税は反対。国民の生活が苦しくなるだけです。安倍政権はアメリカから無駄な兵器ばかり買っていますが、9条のある日本は戦争しない国。お金は、国民の生活のために使うべきだ」と強く訴えました。

「消費税は不公平で不透明だ」という主婦(45)。「増税で低所得者の人たちにつけが回る。一番お金を持っている人から相応に税金を取るべきです。安倍政権は国民の思考を停止させて、我慢しようという変な一体感を求めているように感じる」と怒り、来年の参院選で安倍政権を追い込みたいと語りました。

(2018年10月24日付「しんぶん赤旗」より)