日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

目黒区|芋川 ゆうき

この記事は約2分で読めます。

 目黒区政を本気で変える‼︎

私は「難聴議員」です。小学生の頃、私は中耳炎を何度も繰り返し発症した結果、右耳の鼓膜に穴が空いたままになりました(慢性中耳炎による鼓膜穿孔)。聴力は左耳の6割程度。その後のプールの授業はほぼ見学のみでした。当時は楽しそうな友だちを見ているのは、つらかったです。手術は行いましたが結果は失敗、再度の手術は断念しました。
 そのまま約30年が経ちました。これまで電話は必ず左耳で受けてきました。議員になり、加齢による難聴の補聴器購入助成制度を調査をする中で、専門医の医師と知り合うことができました。現在は手術後、回復途上です。
 難聴経験のある議員として、私はなんとしても認知症につながる難聴対策として、23区で16区が実施している補聴器購入助成制度を創設します。

プロフィール

  • 1982年群馬県生まれ。前橋国際大学卒。
  • ソフトバンクグループ、メットライフ生命保険を経て独立。
  • 2019年より区議1期
  • 2023年、2期目当選

活動地域

大岡山、南、洗足、碑文谷、原町2丁目、平町2丁目、本町2丁目、鷹番1・3丁目


▶ 芋川ゆうき 動画

4月19日・目黒駅前 芋川ゆうき候補の演説

▶ 芋川 ゆうき のTwitterをぜひフォローしてください

タイトルとURLをコピーしました