日本共産党の里吉ゆみ東京都議は7日の都議会代表質問で、課題となっている2020年オリンピックの開催経費削減をさらに進めるよう小池百合子知事に求めました。

◆ 質問全文はこちら(都議団ホームページへ)

都と国、組織委員会、国際オリンピック委員会(JOC)の4者協議は、都が整備する3競技施設のうち、水泳会場のアクアティクスセンターは客席数を削減して整備費を683億円から513億円に削減。ボート・カヌー競技会場とした海の森水上競技場は整備費を491億円から300億円前後に縮減すると決め、バレーボール会場(当初案は有明アリーナ)は結論を先送りしました。里吉氏はバレーボール会場について既存施設を最大限活用するため、関係者と協議を尽くすよう求めました。

海の森水上競技場について「整備費がまた膨らむ可能性が否定できない」と指摘。海上コースへの選手らの疑問、批判を無視して進めるべきではないとし、整備・維持管理費の削減を求めました。

里吉氏は、森喜朗組織委会長が「僕らのやってきたことを勝手に変える」と知事を批判していることに「言語道断だ」と厳しく指摘。コーツIOC会長が上限2兆円とされる総費用を「もっと削るべきだ」と述べたことを示し、総費用の詳細な内訳の公開を組織委にどう迫るのかと質問。費用負担で国に開催国の責任を果たさせるよう求めました。

小池知事は総費用の削減に向けて「不断に経費を精査し、順次、大会予算に反映させていく」と答えました。

(「しんぶん赤旗」2016年12月8日付より)

◆ 質問全文はこちら(都議団ホームページへ)