【東京民報】9月8日号のご紹介

東京民報9月1日号をご紹介します。

東京民報は週1回の発行で、月額400円(ばら売りは1部100円)。 都内のみ自宅配達いたします。
ぜひご購読ください。購読・見本紙の申し込みはページ下のフォームからどうぞ。

1面
東京民報9月8日号1面

【保育園給食費】31自治体で新たな負担 「無償化」なのに

 安倍政権による10月からの保育「無償化」で、都内31自治体で新たに給食費などの負担が生まれることがわかりました。

 9月議会で条例改正などが審議される予定で大きな焦点となります。

平和の少女像知って 千代田区で 展示中止受け行動

 千代田区の神保町交差点の歩道に8月29日、愛知トリエンナーレ開催直後に中止に追い込まれた「言論の不自由展・その後」に展示された「平和の少女像」の実物大パネルが置かれ、家路を急ぐ人の目を引きました。 

【東京外環】地下工事で住宅揺れる

住宅密集地の真下に巨大地下トンネルを貫通させる東京外かく環状道路(東京外環道)の掘削工事が進む世田谷区の地上部で、振動で眠れないなど不安を訴える住民の声が相次いでいます。

2面
東京民報9月8日号2面

【関東大震災記念シンポ】防災の知識と意識高めよう

 9月1日の防災の日を前に、革新都政をつくる会、東京災害対策連絡会は8月26日、関東大震災メモリアルシンポジウムを開き、東京大学地震研究所の地震予知センター長の平田直教授が講演しました。

【都市計画】”しっかり審議を” 共産党都議団が条例改正案

 日本共産党都議団は3日開会する都議会第3回定例会に、都市計画審議会条例の改正案を提出します。

 都市計画の持つ重みにふさわしく慎重で十分な調査審議を促すものです。記者会見で発表しました。

板橋区 保育士配置の引き上げを 死亡事故で提言

板橋区内の認可保育所「ほっぺるランド志村坂上」(テノ・コーポレーション)で16年9月に起きた午睡中の死亡事故をめぐり、事故検証委員会による「検証報告書」が8月30日に公開されました。

【羽田空港低空飛行問題】品川区 新飛行ルートに抗議集会

 国土交通省が新都心低空飛行ルートを決定し、来年の夏ダイヤが始まる3月29日から実施するとしていることについて、品川区内の市民団体は8月27日、抗議集会を開きました。

共産党都委がお祭り会場に 地域の人たちで賑わう

 地域のサークルや高校による琴の演奏、よさこい踊りに阿波踊り─。

 日本共産党東京都委員会(豊島区)の事務所が地域のお祭り「折戸通りの小さな夏祭り」の会場となり、訪れた人たちで大いに賑わいました。

【共産党都議団】同性パートナーいる職員 差別するなと申し入れ

 日本共産党都議団は8月27日、小池百合子知事、都人事委員会委員長に対し、同性パートナーがいる都職員も異性カップルと同様に福利厚生制度を利用できるよう待遇改善を申し入れました。

【立川市長選】酒井氏が大健闘

 立川市長選が1日、投開票され、立川市民連合と政策協定を結び、日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党、生活者ネット、緑の党立川が支援した元都議の酒井大史氏=無所属新=は、2万5840票(得票率49・75%)を獲得し大健闘しました。

3面
東京民報9月8日号3面

東村山市 D51解体・撤去工事を強行

 東村山市は3日、長く市民に親しまれてきた蒸気機関車D51の「解体・撤去」工事を強行しました。

 保存を求める市民や各地のSLファンからの反対の声を、全く無視した暴挙。他方、昭島市は市内公園のSLの保存を決めました。

4面
東京民報9月8日号4面

ナイチンゲール生誕200年へ

 ナイチンゲールが2020年で生誕200年を迎えます。

 医療改革にも貢献するなど、多面的に活躍した彼女の魅力を伝えようと本を出版した、日本赤十字看護大学名誉教授の川嶋みどりさん(健和会臨床看護学研究所長)に聞きました。

東京民報は週1回の発行で月額400円(ばら売りは1部100円)。 都内のみ自宅配達いたします。ぜひご購読ください。

☟東京民報の購読/見本紙の申し込みはこちらから

購読を希望される新聞名の先頭の□をクリックしてチェックを入れてください。
内容を確認のうえ、間違いがなければ下の「送信」ボタンを押してください。