【港区議員】「酷暑から命守れ」党区議団が港区に対策要請

日本共産党港区議員団(熊田ちづ子団長)は9日、区長・教育長に対し、「熱中症に関する緊急対策の申し入れ」を行いました。

申し入れは風見利男、いのくま正一、大滝実の各区議と福島ひろこ事務局長が行い、小柳津(おやいず)明副区長が応対しました。

熱中症に対する緊急要望を行う日本共産党港区議団=9日、東京都港区(「しんぶん赤旗」提供)
緊急要望では

①生活保護利用者へのエアコン設置に関する厚生労働省通達の周知徹底とともに可及的速やかにエアコンを設置すること
②3月以前の生活 保護利用者にも認めるよう国に要望するとともに、区として緊急事業を行うこと
③荒川区の「酷暑から命を守る緊急対策」を参考に実施すること
④生活保護利用者等の夏季のエアコン利用による電気代相当額を港区独自の法外援護費として支援すること
⑤エアコン未設置の学校体育館には、早急にエアコンを設置すること

を求めています。

提出にあたり、「予備費を活用するなど早急に対応するよう訴えました。

小柳津副区長は「異常な猛暑によって区民の皆さんが苦労していることは承知している。何ができるか、申し入れの内容を検討したい」と述べました。

(2018年8月17日付「しんぶん赤旗」より)