限界を超える怒り 沖縄県民大会

2016062403_01_0 参院選が公示されました。全国32の1人区すべてで野党統一候補が実現。志位和夫委員長は、野党共闘の勝利、共産党の躍進で「新しい政治の希望ある扉を開こう」と呼びかけました。作家の瀬戸内寂聴さん、同志社大学教授の浜矩子さん、茨城県の前東海村長の村上達也さんが、共産党へ熱いエールを寄せています。与野党党首による論戦での志位委員長の発言のポイントも詳しく紹介。安倍改憲やアベノミクスなどの問題点が浮き彫りになりました。野党共闘と共産党への疑問に答える特集を日曜ワイドで。共産党公認の野党統一候補が立つ香川選挙区と、「オール沖縄」候補が現職閣僚と争う沖縄選挙区の様相を現地からリポートします。

女性暴行殺害事件に抗議し、6万5千人が集まった沖縄県民大会。深い悲しみと、限界を超える怒りで集まった人たちの思いとは…。

「スポーツ」は夢の9秒台が期待される日本男子短距離走のたたかい。「健康らいふ」は骨粗しょう症です。

大飯原発の基準地震動は低すぎる―。原子力規制委員会元委員長代理の島崎邦彦さんが指摘し大問題になっています。

辞職した舛添要一前東京都知事。舛添氏をかばい、疑惑にふたをした自公の責任は重大です。

「ひと」は俳優の桐谷健太さん。

(「しんぶん赤旗」2016年6月24日付より)