戦争法案反対 各地で行動

ネットで拡散 1000人超行進【立川市】

P1060737
「戦争反対!」と訴えパレードする、たちかわ
大行進 参加者=19日、東京都立川市
(写真・実行委員会提供)

東京都立川市で19日、「ゆるすな!戦争する国」7・19たちかわ大行進が取り組まれました。賛同する民主団体、労組、個人などが実行委員会をつくり、ネットでも拡散され多くの若者を含む1000人を超える人が参加しました。
集会会場となった緑町公園では、各界・各団体のリレートークが行われ、「戦争法案が通れば、自衛隊だけでなく、国民も戦争にかり出される」「子どもたちを戦場に送らない」「武器ではなく話し合いで平和を」と訴えました。日本共産党、立川・生活者ネットワーク、緑たちかわの市議があいさつし、法案廃案へともに奮闘する決意を表明しました。
緑町公園を出発し、市街地を行進したパレードは、ドラムのリズムに合わせて「戦争反対!平和が一番」「憲法守れ」とアピール。信号待ちの人やバスの乗客が、拍手したり、手を挙げたりして応えていました。

(「しんぶん赤旗」2015年7月22日付より)