【日曜版2月9日号】辺野古新基地―防衛省がデータ隠ぺい /浅田次郎さん「歴史学ぶのは生き方考えること」/前田亜季さん

日曜版9日号
日曜版9日号

沖縄・辺野古の米軍新基地建設予定地で、不都合なデータを防衛省が隠していたことが編集部の取材でわかりました。スクープです。
地盤強度が設計の前提を大きく下回るという内容。専門家は「いまの設計が成り立たず、安全に工事ができない」と警告します。

新作の時代小説を出した作家の浅田次郎さんが、歴史を学ぶ意味や平和への思いを語ります。

感染者が拡大する新型肺炎。現状と予防法をQ&Aで紹介します。

最低賃金の引き上げや無権利な働かせ方、「桜」・カジノ疑惑の問題で安倍政権を鋭く追及した日本共産党の国会論戦のポイントを紹介します。

幕尻として初優勝した徳勝龍関。快挙の背景を探ります。

世界最先端の技術を装備した日本の重力波望遠鏡「かぐら」が本格稼働します。その魅力をカラー見開きで。

お役立ちトク報は、確定申告の医療費控除のポイントを税理士がアドバイスします。

テレビ朝日「報道ステーション」のベテラン社外スタッフが大量に契約打ち切り。現場のとまどいと怒りの声を聞きました。

選択的夫婦別姓や同性婚を求める声に背を向ける安倍首相。ジェンダー平等に逆行するあきれた価値観を弁護士のコメントとあわせて紹介します。

「ひと」は俳優の前田亜季さん。

(2020年2月7日付「しんぶん赤旗」より)