【小金井市長選】市政転換へ 森戸よう子市長予定候補全力

東京都小金井市長選(12月8日投開票)は1日告示されます。

市民と無所属議員との共同に推された森戸よう子候補(63)=無所属新、日本共産党前市議=は「緑を守り、市民に寄り添う小金井市政をつくろう」と訴えています。

市長選は現職の西岡真一郎(50)、前市議の河野律子(50)=自民党、公明党推薦=両氏との三つどもえの見通しです。

森戸よう子
森戸よう子市長予定候補(「しんぶん赤旗」提供)

現市長は前回市長選で「自公市政の転換」を掲げましたが、国民健康保険税や保育料を連続値上げ、大腸がん・子宮がん検診の有料化、就学援助基準の切り下げなど、自公市政同様の市民に冷たい市政を進め、サービス低下につながる保育所・学校給食の委託化を狙っています。

長年の懸案の新庁舎建設でも、最大の公約とした「6施設複合化」を当選直後に撤回。
野川の緑を壊す都道建設計画にも、毅然と反対を表明していません。

また、条例違反の報酬支給や、学校水光熱費の私費立て替えが発覚しても、現市長は是正の方針を何ら示せず、市議会で決算不認定や問責決議を議決されています。

森戸氏は、市政の流れを切り替え、

 ①子育て・教育先進自治体の災害関連死ゼロ
 ②支援を求める人を切り捨てない
 ③福祉・医療の充実の自然破壊の都道建設に反対
 ④緑を大切にする新庁舎建設の憲法を生かし、人権を守る

を掲げ、「誰一人置き去りにしない市政を」と呼びかけています。

(2019年11月30日付「しんぶん赤旗」より)

 icon-arrow-circle-right森戸よう子 市長候補ホームページ