踊る雇用のヨーコに注目 八王子駅前で初上映

インターネット上の日本共産党カクサン部「雇用のヨーコ」が選挙の歌を歌い踊るミュージック動画が文字通り拡散し、「踊ってみた」「弾いてみた」サポーターが現れています。

大型ビジョンで放映する日本共産党のネット動画を見る人たち=14日、東京都八王子市(「しんぶん赤旗」提供)

14日の夕方には、東京・JR八王子駅北口で大型ビジョンカーによる屋外での初上映がありました。

小池晃書記局長・参院比例候補、吉良よし子東京選挙区候補の街頭演説を告知しながら、志位和夫委員長が語りかけるショート動画と、「YA!YA!YA!野党共闘」「WE ARE 共産党!」の短縮版を流しました。韻を踏んだリズミカルな歌とキレのいいダンスに通行する人の視線が集まりました。

八王子市の共産党後援会員の女性は「大画面は迫力があってよかった。ネットや街角でたくさんの人に動画を見てもらえれば政策や主張が広がる」と話しました。

第3弾「選挙でWow!Wow!」は15日公開予定です。

(2019年7月15日付「しんぶん赤旗」より)