4/17早稲田大学で
学生・学者がリレートーク
市民連合の活動を応援

市民連合(安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)の活動を応援するトークイベントが17日、東京・早稲田大学で行われます。市民連合は、国政選挙での野党統一をすすめ、その勝利のために全力をあげています。市民の力が政治を動かし始めている今、市民運動は何ができるのか深め合いましょう、と参加を呼びかけています。
 学者、学生、高校生、作家など、各分野で行動している人たちが発言を予定しています。
 上野千鶴子さん(社会学者)、香山リカさん(精神科医)、長谷部恭男さん(憲法学者)、浜矩子さん(経済学者)、ティーンズソウルの高校生、奥田愛基さん(シールズ)、島田雅彦さん(作家)、中沢けいさん(作家)、落合恵子さん(作家)、内田聖子さん(アジア太平洋資料センター事務局長)の10人です。
 主催は、早稲田大学メディア・シチズンシップ研究所、安保関連法の廃止を求める早稲田大学有志の会、立憲デモクラシーの会。

 

市民連合応援団!「民主主義ってなんだ?」リレートーク

と き:4月17日(木) 午後1時開場、1時半開始。4時半まで。
場 所:東京都新宿区の早稲田大学大隈講堂
交 通:地下鉄東西線「早稲田駅」下車徒歩5分
参加費:無料

(「しんぶん赤旗」2016年4月13日付より)