日曜版27日号
戦争法廃止の国民連合政府を
共産党の提案に広がる歓迎の声

2015092503_01_0 志位和夫委員長が発表した「『戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府』の実現をよびかけます」の提案に、歓迎の声が広がっています。作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんは「虚心坦懐(たんかい)に力を合わせて」と。慶応大学名誉教授の小林節さんは「『わが意を得たり』の思い」と語ります。弁護士の伊藤真さん、SEALDs(シールズ)の諏訪原健さんの声も紹介。提案全文も掲載し、「日曜ワイド」は国会前など全国のたたかいの写真特集です。

「この人に聞きたい」はテレビドラマ「おしん」で知られる脚本家の橋田壽賀子さん。「おしん」の原点を語ります。

国民から批判が噴出している消費税還付案。増税中止こそが求められます。

「お役立ちトク報」は妊娠から出産時までに受けられる支援制度の特集です。

「世界ネット」は欧州難民危機の背景を追います。

スポーツは、ラグビーW杯で歴史的勝利をあげた日本代表のたたかいです。

東日本大震災から4年半。被災者や地元業者に冷たい宮城県政の実情を塩釜市からリポートします。豪雨災害で甚大な被害が出た茨城県常総市を日本共産党の紙智子・塩川鉄也議員が視察しました。

「ひと」は解剖学者の養老孟司さん。

(「しんぶん赤旗」2015年9月25日付より)