千葉・埼玉・東京で

総選挙は明日22日投票日を迎えます。

政党選択を争う全国11の比例代表(定数176)は大激戦・大接戦。投票先をめぐって有権者の模索が最後まで続いています。

日本共産党の志位和夫委員長は20日、千葉、埼玉両県、東京都で街頭演説し、「共産党への一票は、安倍暴走政治への一番の痛打になります」「選挙は最後の最後まで頑張り抜いたものが勝利をつかめます。比例代表でどうか共産党を伸ばしに伸ばしてください」と熱烈に訴えました。

他党も最終盤、比例を特別に重視。
全国の日本共産党支部・後援会は宣伝、対話・支持拡大に猛奮闘しました。

志位委員長(左)とともに訴える笠井亮比例候補と(右へ)香西かつ介・東京3区候補、青山コウヘイ・東京4区候補
志位委員長(左)とともに訴える笠井亮比例候補と(右へ)香西かつ介・東京3区候補、青山コウヘイ・東京4区候補

(10/21付しんぶん赤旗より)