和泉なおみ都議3選へ 葛飾区でつどい

参加者の激励にこたえる(正面右から)和泉、池内の両氏=23日、東京都葛飾区(写真提供:しんぶん赤旗)

東京都議選での日本共産党の和泉なおみ都議の3選めざし23日、葛飾区で励ます集いが開かれました。主催は同実行委員会。

アコーディオン演奏で始まった集いでは、参加者が″宝の議席″をアピール。「商店街を和泉都議と訪問。業者の気持ちが一番わかる都議」「子ども食堂訪問やアンケート調査を一緒にしてきた」「ケアする人もされる人も大切にする支援を」など、切実な願いとその実現に奮闘する和泉都議の姿が語られました。

和泉都議は、「暮らし・福祉を都政の真ん中に」との政治信条が「コロナ禍で一層求められている」と3選への決意を表明。自粛は強いるが独自の補償は渋る都政を批判し、新型コロナがあぶり出した政治のゆがみを都議選・総選挙・区議選で変えようと訴えました。

「和泉さんは大先輩であり、姉のよう」と語った、池内さおり前衆院議員は、和泉都議が父子家庭で育ち、大学進学を断念した経験を語って子どもの貧困を取り上げたことや、党都議団幹事長としての活躍ぶりを紹介。

「気持ちは姉妹です」と動画メッセージを寄せた、田村智子副委員長・参院議員は、国保問題に和泉都議と連携して取り組んだことを紹介。必ず勝利をとよびかけました。

(2021年5月25日付「しんぶん赤旗」より)