練馬区

訴える(右から)渡邊、田村、とやの各氏ら=25日、東京・練馬駅前(写真提供:しんぶん赤旗)

「一緒に負けずに生き抜いて、こんな政治、変えましょう」―日本共産党の田村智子副委員長・参院議員は25日、東京都練馬区で、とや英津子都議らと街頭から訴えました。緊急事態宣言発令で、屋内演説会を急きょ中止・変更して行われました。

東京商工団体連合会青年部協議会幹事の渡邊奈保子さんは「誰もが公平に受けられる支援として、共産党が掲げる消費税減税が今すぐ必要です」と訴え。

2期目をめざす、とや都議は、思い切った検査と補償でコロナから命・暮らしを守り、都立・公社病院の独法化中止などケアに手厚い都政へ、と呼びかけ。小中学校体育館へのエアコン設置など都民とともに都政を動かしてきた実績を語り、「再び都議会に送ってほしい」と力を込めました。

田村氏は、専門家が「変異株まん延で感染は新段階に入った」との見解を示しているのに、菅義偉首相は、感染の実態も新たな支援策も語らないと批判。

「通年で暮らし・事業を守る制度を、野党提案の制度を、なぜ実現しないのか」と怒りを込めて告発し、「ありとあらゆる施策を使わせて必ず皆さんの命を守る。抱えている不安や苦しみを、私たちに話してください」と呼びかけました。

感染拡大の”波”を繰り返すことは宿命ではないと強調。法案審査をいったん止めてでもコロナ対策を議論すべきだと述べ、「本気で命・暮らしを守り、憲法の立場に立つ政治実現へ、全力を挙げる」と訴えました。

(2021年4月26日付「しんぶん赤旗」より)