池田香代子さん、雨宮処凛さん、神社の宮司さんら

日本共産党の躍進と池内さおり東京比例候補(12区重複)の再選をめざして14日、東京都北区の赤羽駅西口で党女性後援会が女性リレートークを、アーケード・ララガーデンでは勝手連「さおり推し隊」と市民有志がDJの音楽にのせた路上ライブを行いました。作家の雨宮処凛(かりん)さんや、翻訳家の池田香代子さんがマイクを握り、肌寒い中、多くの人が足を止め、耳を傾けました。

リレートークでは、雨宮さんが「安倍政権になって、貧困格差が広がったし、こんなに戦争が近くなったと感じたことはない」と語り、命と暮らしを大切にする日本共産党と池内候補への支持を訴えました。

日本共産党と池内さおり候補の支持を訴える池田香代子さん
日本共産党と池内さおり候補の支持を訴える池田香代子さん
路上ライブで池田さんは「池内さんは、個人の尊厳を踏みにじるものに対する怒りを持っている人です。怒りをもとにしてたたかっています」と語り、自ら通行人にビラを配布しました。安保関連法に反対するママの会@東京の町田ひろみさんは、共産党は、どの政策をみても憲法を守るとしていると語り、支持を訴えました。

浅川金刀羅(ことひら)神社宮司の奥田靖二さん、日本長老教会西武柳沢キリスト教会の星出卓也牧師、浄土真宗本願寺派僧侶の小山弘泉さん、新社会党の福田光一区議、東洋大学の大野裕之教授らがそれぞれマイクを握り、日本共産党と池内候補への支持を訴えました。

(15日付け しんぶん赤旗より)