日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

江東区長選 酒井氏が健闘

この記事は約2分で読めます。

 前区長の辞職に伴う東京都江東区長選が10日投開票され、「正直で公正な江東区長を誕生させる会」の酒井菜摘氏(37)=無所属新、日本共産党・立憲民主党・社民党・れいわ新選組・生活者ネット・新社会党・緑の党支持=は、3万4292票(得票率21・05%)を獲得し、健闘しましたが及びませんでした。

開票結果を受け支援者にあいさつする酒井菜摘氏=10日、東京都江東区(しんぶん赤旗提供)

 当選は前都部長の大久保朋果氏(52)=自民党・公明党・国民民主党・都民ファーストの会推薦=。

 開票結果は次の通り。

当大久保朋果52無新 57029

 酒井 菜摘37無新 34292

 三戸 安弥34無新 30132

 猪野  隆58無新 28819

 小暮 裕之44無新 12649  (投票率39・20%)

❚ 酒井氏「挑戦は続く」 支援に感謝

10日投開票の東京都江東区長選で3万4292票(得票率21.05%)を獲得し検討した「正直で公正な江東区長を誕生させる会」の酒井菜摘氏(37)=無所属新、日本共産党・立憲民主党・社民党・れいわ新選組・生活者ネット・新社会党・緑の党支持=は選挙結果が判明した同日夜、区内の事務所で支援に謝意を表明しました。

酒井氏は、「今回は古い政治の流れに勝つことはできなかったが、区政への挑戦はこれからも続く」と語り、「がんばるあなたを独りにしない」と訴えた政策を掲げるとしました。

江東区市民連合の宇都宮健児共同代表は「当選できなかったのは残念だが、区長選で初めて立憲野党と市民団体、地域政党が一緒に戦えたのは大きな成果だ」と強調。相手候補が自民党隠しの選挙を行ったことに触れ、「江東区では自民党衆院議員の腐敗や前議長のあっせん収賄、前区長の公選法違反が相次いだ。この流れと決別を求め区政を監視していく」と述べました。

(しんぶん赤旗2023年12月12日付より)

タイトルとURLをコピーしました