「宇宙の軍事利用」認める 吉良氏に文科相

❚ JAXA法成立 吉良氏に文科相 参院文科委

 宇宙科学技術の研究・開発を行う民間企業や大学に資金を交付する「宇宙戦略基金」を創設する改定宇宙航空研究開発機構(JAXA)法が29日、参院本会議で、自民、公明、維新、国民などの賛成多数で可決、成立しました。

質問する吉良よし子議員=29日、参院文科委(しんぶん赤旗提供)

 日本共産党、立憲民主党などは反対しました。共産党の吉良よし子議員は同日の参院文教科学委員会で、昨年末の「国家安全保障戦略」に基づき策定し、同改定法の基礎となった6月の「宇宙基本計画」に「民間の宇宙技術の防衛への活用」「官民による協力強化」を明記するなど「宇宙技術の軍事利用を推進することが、『宇宙戦略基金』の重要な目的のひとつではないか」とただしました。盛山正仁文科相は、「安保にも貢献することはありうる」と認めました。

 吉良氏は、「宇宙基本計画」に防衛力の抜本的強化のためと位置付ける「情報収集衛星」について質問。安田浩己内閣衛星情報センター次長は、「1998年の導入からこれまで累計1兆7000億円の予算が使われている」と答弁しました。吉良氏は、「今年度は補正予算の追加で900億円超えの予算を計上し、今後衛星機数も増やす計画だ」と指摘。「宇宙安全保障にかかわる予算は今後も増え続ける」と強調しました。

 吉良氏は、防衛力の強化、軍事のためであれば多額の予算を投入する政府の姿勢を批判。軍事ではなく、文化や教育予算の拡充などくらしの予算の拡充をせまりました。

(しんぶん赤旗2023年11月30日付より)