23区で2番目

東京都北区の花川与惣太区長は4日、区立小中学校の給食右飛を完全無償化する方針を明らかにしました。日本共産党区議団や区民運動の要望が実ったもので、学校給食費の完全無償化を打ち出したのは23区では葛飾区に次いで2番目です。

区はこれまで、小学生で年約5万円余、中学生で6万円余の自己負担のうち、多子世帯への支援として第2子の半額、第3子以降の全額を女性してきました。

区によると、完全無償化は2023年度予算案で盛り込み、4月から実施予定で、対象となる児童・生徒数は約1万8千人。経費は約11億円としています。

共産党区議団は、毎年の予算要望や区議会の代表質問、予算組み替え案などで給食費の完全無償化を繰り返し提案。昨年9月の代表質問では「すべての子どもに平等に支援を」と求めていました。

労働組合や区民団体でつくる「区民要求実現北区連絡会」も昨年12月、給食費の完全無償化を区に要望していました。


共産党区議団の山崎たい子幹事長の話

区が子育て支援策の拡充として、給食費の完全無償化を決断したことは、子育て世代をはじめ区民を励ますものです。都内や全国の自治体に給食無償化が広がるよう、わたしたちも頑張ります。

(しんぶん赤旗2023年1月6日付より)