日本共産党の小池晃書記局長は11月16日、国会内で記者会見し、文書通信交通滞在費(文通費)について、「日本共産党は以前から抜本的に見直す必要があると繰り返し要求してきた」として「国民の理解が得られる制度に変えるべきだ」と主張しました。

クリックするとPDFが表示されます。