東京都は14日、新型コロナウイルスの影響で生活に困窮する人を対象にした都営住宅の入居募集を、現在の月100戸から120戸に拡大すると発表しました。今年1~6月に月70戸、7月から月100戸に増やす中、5日の都議会代表質問で日本共産党の和泉なおみ都議が、募集を10月以降も継続し、さらに拡充するよう求めていました。

募集時期は毎月中・下旬で、10月分募集は18日から都住宅供給公社ホームページで公開し、郵送で申込書を受け付けます。(29日必着)

尾崎あや子共産党都議の話
党都議団は9月にも申し入れを行っていました。コロナ禍で住まいの支援を求める声が都政を動かしたものです。今後も引き続き拡充を求めていきます。

(「しんぶん赤旗」2021年10月15日付より)