衆院厚労委

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は2日の衆院厚生労働委員会で、東京五輪・パラリンピックの開催について、「今の状況でやるというのは普通はない。このパンデミック(世界的流行)で」と述べました。日本共産党の宮本徹議員への答弁。

尾身氏は、開催するのであれば主催者の責任で規模を最小化し、管理体制を強化する必要があると指摘。また、「そもそもこういう状況の中で何のためにやるのか目的が明らかになっていない」として、「一体何のためにやるのかという明確な話、いかに感染のリスクを最小化するかということをパッケージで話さないと国民は協力しようと思わない」と述べました。

(2021年6月3日付「しんぶん赤旗」より)


⇒質疑の模様はこちらからご覧になれます
「衆議院インターネット審議中継(宮本徹議員の尾身会長への質問は13:00から)」