労働者後援会が新宿駅西口で宣伝/谷川智行衆院比例候補、大山とも子都議とともに

訴える大山とも子都議団長(中央)と谷川智行候補(右端)=23日、東京都新宿区(写真提供:しんぶん赤旗)

全国全都の日本共産党労働者後援会は23日、東京都・新宿区西口で、谷川智行衆院東京比例候補、大山とも子都議団長とともに「次の総選挙で政権交代を、日本共産党の躍進を」と訴えました。

谷川氏は「感染症対策とともに、国民の暮らしと雇用、営業を守るために、政治の責任を果たすことが必要。菅政権の自助・共助・公助は国民に自己責任を押しつけるものだ」と批判しました。

大山氏は「都民の運動と論戦が都政を動かし始めている。『検査体制は足りている』と言っていた都知事の答弁をかえさせ、保健所の重要性もしっかり答弁させた。来年の都議選でも躍進を」と訴えました。

都区職員後援会の喜入肇さんが「コロナで公立・公的病院の大切さが明らかになった。政府と都知事は、公立・公的病院の統廃合に固執している。公立・公的病院の拡充こそ必要だ」と訴えました。

(2020年10月27日付「しんぶん赤旗」より)