日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

【青年学生】バイト先閉店で収入ゼロ、図書借りるのに送料自己負担

この記事は約1分で読めます。

日本民主青年同盟東京都委員会は9日、新型コロナウイルスの感染拡大の中、各地で寄せられた青年学生の願いの実現を政府に要請しました。

文部科学省の担当者(右端)に要請書を手渡す(左から)沢田、吉川、西之原、山添各氏と西川龍平民青都委員長

文部科学省の担当者(右端)に要請書を手渡す(左から)沢田、吉川、西之原、山添各氏と西川龍平民青都委員長=9日、参院議員会館

吉川ほのか都副委員長(日本共産党衆院24区候補)、西之原修斗都常任委員(同11区候補)らが参加。
共産党の山添拓参院議員、沢田しんご13区候補が同席しました。

青年たちは「アルバイト先の飲食店がつぶれて収入ゼロ。バイト代を進学費用に充てようとしていたので、困っている」「親の収入が減り、バイトしないと学生生活を続けられない。4月は休業でバイトできず、5月にダブルワークを始めた」「介護職場で、自分が感染しないか本当に不安」と訴えました

ある大学1年生は「前期は学内への立ち入り制限があって入れず、大学図書館で借りる本の配送返送料金は自己負担で、2冊借りて1,500円になった」と訴え。

文部科学省の担当者は「学生が(図書館を) 十分利用できるようにしていきたい」と答えました

(2020年9月15日付「しんぶん赤旗」より)

タイトルとURLをコピーしました