6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

【国会きょうから補正予算審議】志位委員長(29日午前)・小池書記局長(30日午後)が質問

この記事は約2分で読めます。
志位和夫委員長

29日午前の衆院予算委員会で質問に立つ志位和夫委員長

新型コロナウイルス感染拡大にともなう経済対策を盛り込んだ2020年度補正予算案(25兆6,914億円)の審議が27日から始まります。

日本共産党の志位和夫委員長は29日午前の衆院予算委員会で、小池晃書記局長は30日午後の参院予算委員会でそれぞれ質問に立ちます。

補正予算案はいったん7日に閣議決定されましたが、収入減世帯の一部への30万円支給に批判が集中したため、安倍内閣はこれを取り下げ、野党が提案していた全国すべての人に10万円を給付する方針に転換。改めて策定し直して20日に閣議決定するという異例の事態となりました。

30日午後の参院予算委員会で質問に立つ小池晃書記局長

24日の野党党首会談では、補正予算案の組み替えを提案することで一致。
補正予算案審議は、現場の状況や国民の声を届け、その実現につながる重要な場になるとして、各党党首を先頭に論戦に臨むことを確認しました。

志位委員長は23日の会見で、「医療崩壊を起こさないための財政支援の抜本的強化と、自粛要請・休業要請と一体の補償の二つが大きなテーマになってきます。その立場から(補正予算案の)組み替えを提起していきたい」と語りました。

(2020年4月27日付「しんぶん赤旗」より)