≪1面≫

【オスプレイ】首都圏の空、訓練本格化 「頭上で旋回、怖かった」

横田基地に配備される米軍の特殊作戦機CV22オスプレイが、東京、埼玉、神奈川など首都圏の空をわが物顔に飛び回り、訓練を本格化しています。
「市街地の上で事故を起こしたら」と心配の声が広がる中、住民の力でオスプレイを監視しようという取り組みも広がっています。
オスプレイが首都圏の空で訓練を本格化させている動きについて告発した記事です。

【セクハラ辞職・狛江市長選】市政の信頼回復へ力尽くす/田中とも子さんが全力

15日告示22日投票の狛江市長選に向け、超党派の野党が推す共同候補、田中とも子さんに聞きました。差別のない社会を、という思いが、人生の原点であることなど、前市長のセクハラ辞職で失われた市政の信頼回復へ、当選への決意を聞きました。

田中とも子候補の相手候補の松原氏は、前市長のセクハラ行為を許しがたいと批判する一方で、辞職勧告決議や強力な調査権をもつ百条委員会設置に反対するなど前市長を最後までかばった自民、公明両党の推薦を受けます。
セクハラ市長を擁護した自公市政の継続か、市民との協働でセクハラのない人権と暮らしを守る市政への転換かが争点です。

【東京の公園】⑪道に迷ったら~立石一丁目児童遊園(葛飾区)



≪2面≫

【共産党創立記念日 新入党者物語】「ウソつく安倍首相、大嫌い」

共産党の創立記念日に合わせて、足立区の新入党員を紹介しています。
ビル解体業一筋で、嘘をつくことが大嫌いな生き方を貫いてきた人生から、「嘘をつき、誤りを認めない安倍首相」を厳しく批判します。

【豊洲新市場】地下水ベンゼン140倍~追加対策効果ない

東京都は7月5日、10月開場に向けて汚染対策の追加工事を行う豊洲新市場(江東区)の地下水調査の結果を発表。最大、環境基準140倍の発がん性物質ベンゼンが検出され、これは前回(昨年12月〜2月)結果の最高130倍より悪化した形です。

猛毒のシアンやヒ素も検出され、追加工事の効果に疑問が持たれています。

【18歳成人】問題と危険性は

消費者問題に詳しい平澤慎一弁護士は、高校生にも消費者被害が及ぶ危険性を指摘します。

【未来を拓く】豪雨災害の救助と救援に全力を~日本共産党・山添拓参院議員


≪3面≫

【羽田低空飛行ルート】「一歩間違えば重大事故」~波紋広がる2つの航空事案

羽田の都心低空飛行ルートについて継続的に追ってきた東京民報ならではの特集記事です。
日本共産党の山添拓参院議員も、6月の参議院国土交通委員会で、熊本空港でのエンジン部品落下などの航空事案について取り上げました。

町田で沖縄のパネル展~軍隊は女性を守らない

≪4面≫

周よ ゆっくり歩めばいい~ダウン症のわが子を詩集に

ダウン症の我が子のことを詩集にまとめた、大田区に住む詩人を紹介しています。

東京民報は週1回の発行で月額400円(ばら売りは1部100円)。
都内のみ自宅配達いたします。ぜひご購読ください。

☟東京民報の購読/見本紙の申し込みはこちらから

購読を希望される新聞名の先頭の□をクリックしてチェックを入れてください。

内容を確認のうえ、間違いがなければ下の「送信」ボタンを押してください。