日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

都知事選勝利へ、全国のみなさんに
ご支援をお願いします

この記事は約2分で読めます。

2016年7月15日

日本共産党中央委員会 日本共産党東京都委員会

東京都知事選が昨日14日に告示され、31日投開票でたたかわれています。日本共産党は、民進党、生活の党、社民党とともに、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏を推薦し、勝利のために全力でたたかっています。自民党・公明党が推薦する元総務相の増田寛也氏、自民党衆院議員の小池百合子氏との激しい争いになっています。
こんどの都知事選挙は、自公都政に終止符をうち、憲法を守り、都民のくらしと福祉第一の都政を実現する歴史的なたたかいです。自公陣営が分裂する一方、鳥越陣営は政党では4野党の共同でたたかう選挙戦です。参院選での各党の得票をみても、自公都政を終わらせる歴史的チャンスです。
鳥越さんは、①猪瀬元知事・舛添前知事と、自民党・公明党が推薦した都知事が2代続けて「政治とカネ」の問題で途中辞任したことを踏まえ、納税者意識を受け止めた都政運営をすすめる、②公共事業偏重をやめ、待機児や介護問題の解決など都民の暮らしを優先する、③国政の憲法「改正」の流れに歯止めをかけるために、東京から発信するという立場で選挙戦をたたかうことを表明しましたが、わが党もこの立場でたたかっています。
同時にこの選挙戦は、4野党と市民の共同が大きな力を発揮した参院選の結果をうけ、総選挙にむかって、この共同の流れをいっそう発展させる重要な機会です。
直前まで参院選がたたかわれ、鳥越氏の出馬表明が告示の2日前となったこともあり、選挙戦はかつてない短期決戦です。日本の政治と都政の転換をはかる歴史的チャンスをいかすために、全国のみなさんのご支援を心からお願いします。

●東京にいるお知り合いに、鳥越俊太郎さんへのご支持をよびかけてください。
●可能な方は東京に出向き、メガホン宣伝、ビラまきなどにご協力ください。
●募金をお寄せください。あたたかいご協力を心からお願いします。


●東京都委員会に送金される場合は、下記に郵便振替でお願いします。
 00190−6−772033 日本共産党東京都委員会財政部

●日本共産党中央委員会に送金される場合は、下記の郵便振替でお願いします。
 00170−7−98422 日本共産党中央委員会

*通信欄に、住所・氏名・職業と募金の種類を「都知事選募金」と記入してください。

(「しんぶん赤旗」2016年7月15日付より)

タイトルとURLをコピーしました