新国立競技場を入れた予想図(下)では、現状(上)の樹木がばっさり消える
新国立競技場を入れた予想図(下)では、現状(上)の樹木がばっさり消える

日本共産党東京都議団は28日、下村博文文相(東京五輪・パラリンピック担当相)と日本スポーツ振興センター(JSC)に対する質問状の回答を記者会見で公表しました。回答資料によると、2020年東京五輪のメーンスタジアムとなる新国立競技場計画が周辺の景観に大きな影響を及ぼすことが明らかになりました。吉田信夫団長は会見で「多くの都民が景観問題に危惧を抱えている中、全面的に情報公開をすべきです」と主張。計画の抜本見直しと解体工事強行の中止を訴えました。
詳しくは都議団ホームページ(リンク)をご覧ください。