日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

都議補選の結果受けて 中野区・長沢和彦氏

この記事は約1分で読めます。

希望へのステージ

中野選挙区では、日本共産党の元中野区議の長沢和彦候補が28664票(得票率18.4%)を獲得しましたが、及びませんでした。当選者は、都民ファーストの元職の荒木ちはる氏でした。

20240708012344
都知事選・都議補選の結果報告をする長沢候補(左から3人目)と党中野区議団の各議員=8日、中野区(しんぶん赤旗提供)

補選は荒木氏の2022年の参院選出馬(荒木氏は落選)によるもので、荒木氏や自民党候補、「反小池都政」を掲げ急遽出馬した、無所属候補との激戦になりました。

結果を受け、長沢候補は8日未明「訴えに悔いはない。いろいろな政党や市民に支えられ、選挙をたたかえたのは大きな喜びだ」と語りました。

長沢候補と党中野区議団は8日午後、JR中野駅北口で結果報告を行いました。長沢候補は、市民と野党の共闘の広がりに触れ、「新たな希望へのステージにしよう。希望がかなう、新たな政治を切り開くために、力を尽くしていきたい」と決意を述べました。

(しんぶん赤旗2024年7月9日付より)

タイトルとURLをコピーしました