6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

PFAS 住民不安強く 東京・横田基地周辺汚染 国に調査求める

この記事は約1分で読めます。
PFASについて国に説明を求める(前列左から)吉良よし子、山添拓の両参院議員=15日、衆院第一議員会館(しんぶん赤旗提供)

 発がん性が疑われる有機フッ素化合物PFAS(ピーファス)が東京都の米軍横田基地の周辺など多摩地域の井戸水や水道水から見つかっている問題で、日本共産党と住民は15日、汚染源の究明と汚染状況の調査を国に求めました。山添拓、吉良よし子両参院議員、尾崎あや子、斉藤まりこ両都議、市議らが参加しました。

 PFASをめぐり、市民団体が多摩地域の住民の血液検査をしています。いち早く分析結果が公表された国分寺市では高い血中濃度が示されました。

 同市の住民は「若いママさんは『子どもの食べ物に気をつけていたのは何だったのか』と怒っている。住民は驚がくと不安のただなかにあると分かってほしい」と述べました。

 中山ごう国分寺市議は、水と血液の検査を国に求めました。

 血液の調査について環境省は、今後同省が設置した専門家会議で検討すると答えました。

 参加者からは「PFASが入った泡消火剤を、米軍は基地でいつからどれくらい使ったか調査を」「専門家会議で住民の意見を聞いてほしい」「浄水場で除染を」などの意見が出ました。

 環境省、厚生労働省、防衛省の担当者が出席しました。

(しんぶん赤旗2023年2月16日付より)

タイトルとURLをコピーしました