日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

子どもにやさしい市政へ 東京・小金井市長選 小泉氏が第一声

この記事は約1分で読めます。

小金井市長選!

(小金井市長選)小泉たみじ候補(しんぶん赤旗提供)

20日告示(27日投票)された東京都小金井市長選に立候補した日本共産党北多摩中部地区委員長で「市民参加の市政をつくる会」の小泉たみじ候補(44)=無所属新、日本共産党推薦=は「混乱した市政を市民とともに立て直す。誰一人置き去りにしない、子どもにやさしい市政をつくる」と訴えました。

市長選は、市立保育園2園の廃止を強行する専決処分が市議会で不承認となったことを受けて、西岡真一郎市長が10月に辞職したことによるもの。

小泉氏は、専決処分を撤回するとともに公立保育園5園をすべて守り、民間保育園と一体に保育環境を拡充すると強調。新市庁舎建設は、現行案を見直してコストダウンし、その財源で学校の整備や暮らしの支援を優先すると訴えました。

また、新型コロナの感染拡大防止へ無料検査キットの配布など検査体制を強化し、自然を壊す都市計画道路の整備は中止させると表明。「市民生活を支援する市政に転換する」と強調しました。

市長選は、小泉氏と元市議の白井亨氏(47)=無所属、新=の一騎打ちです。

(しんぶん赤旗2022年11月22日付より)

タイトルとURLをコピーしました