よだ氏(右)にエールを送る山添氏(左)=11日、東京都新宿区(しんぶん赤旗提供)

13日投票の東京都新宿区長選で、トランスジェンダー行政書士で元区議の、よだかれん候補(50)=無新、日本共産党、立憲民主党、れいわ新選組、社民党、生活者ネットワーク、新社会党、緑の党、区議会会派「社民新宿」が支持=は、「小さき声をすくいあげ、多様性のある区政へみんなで変えよう」と訴えて奮闘しています。

よだ氏は、吉住健一現区政が長年拒んできたパートナーシップ制度を創設し、区のため込み金656億円を活用して、学校給食無償化など区民のくらしを底上げすると訴えました。

各党がそれぞれ、よだ氏を応援し、11日は共産党の山添拓参院議員がともに街頭トーク。山添氏は、よだ氏がトランスジェンダーとして生き生きと活動する姿に多くの人が勇気をもらったと強調。ジェンダー平等を実践する、よだ氏を区長に押し上げ「命と多様性を軽んじる区政を変えよう」と呼びかけました。

同区の女性は有志でボランティアをつのり、よだ氏の応援動画を作って配信。女性は、「再生回数は1万回を超えました。さらに広げたい」と語りました。

区長選は、よだ氏と吉住氏(50)=無現、自民党、公明党推薦=との一騎打ちです。

(しんぶん赤旗2022年11月12日付より)