日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

さようなら戦争・原発 代々木公園で19日に大集会

この記事は約1分で読めます。

東京・代々木公園 志位委員長が参加

東京・代々木公園の野外ステージで19日午後1時半から開かれる「安倍元首相国葬反対! 改憲発議と大軍拡やめろ! さようなら戦争 さようなら原発 9・19大集会」。各野党からのあいさつでは、日本共産党から志位和夫委員長が参加します。主催団体の総がかり行動実行委員会とさようなら原発・1000万人市民アクション実行委員会では、岸田内閣に国民の意思を示す場として大きく成功させようと呼びかけています。

午後1時半からの集会では、菱山南帆子さんが司会を務め、総がかり行動実行委員会共同代表の小田川義和さんが主催者あいさつ。志位委員長をはじめ各野党からの発言が予定されています。

作家の落合恵子さんや澤地久枝さんをはじめ、青年や女性、福島第1原発事故や沖縄・名護市辺野古への米軍新基地建設反対、改憲阻止などさまざまな立場・課題で市民がスピーチ。閉会あいさつは、ルポライターの鎌田慧さんが行います。

集会終了後の午後3時からは渋谷と原宿まで2コースに分かれてデモ行進します。

集会に先立ち午後1時からのプレコンサートには歌手の李政美さんと音楽家の竹田裕美子さんが登場します。

(「しんぶん赤旗」2022年9月16日付より)

タイトルとURLをコピーしました