日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

羽田新ルート撤回訴え 都民・議員の共同宣伝

この記事は約2分で読めます。

東京・品川大井町駅前

2022年8月26日【政治総合】

羽田新ルートの撤回を求め訴える山添参院議員(左から2人目)ら=24日、東京都品川区(しんぶん赤旗提供)

羽田新ルート運用中止を求める「羽田問題議員連盟しながわ」と羽田問題解決プロジェクトなどの五つの市民団体は24日、東京都品川区の大井町駅前で共同宣伝に取り組みました。

日本共産党、立憲民主党、生活者ネットワークの3政党が参加し、市民と交互にマイクを握りました。

羽田問題解決プロジェクト代表の大村究(きわみ)さんは、5月の超党派の議員による国交省レクで、3月に起こった渋谷区での氷塊落下について、「国交省は詳しく調べると約束したが、平気で約束をほごにしていることは許されない。羽田新ルート撤回まで頑張ろう」と訴えました。

共産党の山添拓参院議員は、コロナ禍になり、海外からの旅行客が大幅に減った今、わざわざ都心上空のルートを使う必要はないと指摘。「政府のごり押しをやめさせるために、おかしいという声を一緒に上げていこう」と訴えました。

共産党の白石たみお都議は「羽田新ルートの問題は都政においても大問題。事故が起こってからでは遅い。超党派の力で止めよう」と訴えました。

生活者ネットの吉田ゆみこ区議は「地元の同意もない。議会で今後も切り込んでいく」と訴えました。

(「しんぶん赤旗」2022年8月26日付より)

タイトルとURLをコピーしました