日本共産党は7月15日に党創立102周年を迎えます

ロシアはウクライナ侵略 直ちにやめよ / 志位委員長ら緊急街頭演説

この記事は約2分で読めます。
訴える志位和夫委員長(右から2人目)。(左へ)紙智子参院議員、笠井亮衆院議員=25日、東京・新宿駅西口

日本共産党は25日、東京・新宿駅前でロシアによるウクライナ侵略に強く抗議し、軍事行動の即時中止を求める緊急街頭演説を行いました。志位和夫委員長は「ロシアの行動が国連憲章に違反する侵略であることは明々白々で、断固糾弾する。ただちに侵略をやめるよう強く求める」と訴えました。(志位氏の訴えはこちら

 志位氏は、核の先制使用を公言しているのはプーチン大統領だけだと批判し、「被爆国である日本国民の声を集めて、核による恫喝(どうかつ)は許されないという声をつきつけよう」と呼びかけました。「核兵器のない世界をつくることはいよいよ急務」だとして、日本政府に対して核兵器禁止条約への参加を求めました。

 さらに志位氏は、「どうやって侵略を抑えるか」と問いかけ、ウクライナの主権や国民の命が脅かされているだけではなく、「主権の尊重」「領土の保全」「武力行使の禁止」などを義務付ける国連憲章に基づく平和秩序が根底から脅かされていると強調。「いま重要なのは、世界の国ぐにと市民社会が『侵略やめよ』『国連憲章を守れ』の一点で、声をあげ、力を合わせることだ。その声でプーチン政権を包囲し、ロシアの国民とも連帯する。これが侵略を止める道だ」と強調しました。

 笠井亮衆院議員は「プーチン氏が、いざという時に広島・長崎のような惨禍を生みだすと脅すのは許されない」と批判し、核による威嚇などを禁止した核兵器禁止条約に参加すべきだと訴えました。紙智子参院議員は「あらゆる覇権主義にたたかってきた党として、岸田首相に軍事侵略の撤回など断固とした外交を行うよう求めたい」と表明しました。

(「しんぶん赤旗」2022年2月26日付より)

タイトルとURLをコピーしました