日本共産党東京都議団からのお願いです

痴漢や盗撮の被害が後をたちません。私たちは、こうした加害をなくし、誰もが安心して暮らせる東京にしたいと思っています。
日本共産党東京都委員会ジェンダー平等委員会が2020年に行った、痴漢被害の調査では、電車の中で被害にあった方が7割以上、初めて被害にあった年齢は18歳以下が7割という結果でした。

痴漢は、被害者に精神的・肉体的な苦痛を与え、その後の人生に大きな打撃を与える、日常にある性暴力です。
痴漢や盗撮をなくし、誰もが安全に暮らせる社会にするために、政治や行政、学校、鉄道、警察、企業など社会全体の課題として取り組むことが必要です。

今回は、電車・駅での問題に焦点をあててお伺いします。あなたの声を聞かせてください。

ご回答いただいた声は、私たちの政策や議会活動にいかしていきます。
なおアンケートの結果は、日本共産党の議会活動・政治活動・情報発信の目的の範囲で利用します。
個人情報を第三者に提供することは、法令に基づく場合を除き、一切ありません。

▼アンケートはこちら。ご協力をお願いします。
https://forms.gle/gusoFXTFMiXsg9wV7