6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

葛飾区長・区議選/庁舎建て替えよりコロナ・くらし対策

この記事は約2分で読めます。

小池書記局長が訴え

日本共産党の小池晃書記局長・参院議員は4日、7日投票の葛飾区長選・区議選の応援に駆け付け、区長選で前無所属区議の、うめだ信利候補=無新、共産党が自主支援=、区議選で三小田准一、中村しんご、中江秀夫、木村ひでこ=以上現=、樋口まこと、片岡ちとせ=以上新=の6候補の勝利を訴えました。


6人全員の当選を訴える小池晃書記局長(中央)と(左から)三小田、中村、中江、(右から)片岡、樋口、木村の各区議候補=4日、東京都葛飾区(写真提供:しんぶん赤旗)

小池氏は、今回の選挙が葛飾区政のゆがみをただす選挙であると同時に「東京で総選挙後の初めての大きな選挙が葛飾の選挙。総選挙の課題は共産党の議席が伸びるように力をつけることだ。共産党を大きくする第一歩として5人の区議団を6人に伸ばしてほしい」と呼びかけました。

小池氏は、選挙の最大の争点は、現区長と自民・公明がまだ使える区役所を660億円もかけて立石駅北口の再開発ビルに移転・建て替えようとしていることだと指摘。建て替えを中止し、ワクチンと一体の大規模検査、支援金の拡充、保健所体制の抜本強化などコロナ対策に集中するとともに、小中学校プール廃止を撤回して子どもに冷たい区政を転換しようと語りました。

小池氏は、党区議団が15回も区に要請し、論戦する中で、PCR検査の値下げ・拡充や国や都の協力金へ独自の上乗せなどを実現してきたと紹介。「区役所建て替えの自公か、移転を中止しコロナ対策を進める共産党かのたたかいだ」と訴えました。

中江候補は「区は改築する学校のプールを勝手に廃止しようとしている。区役所建て替えは中止し、区民のくらしに寄り添う区政に」と呼びかけました。

演説を聞いたイラストレーターの女性(40代)は「子どもの未来を守る政治をする人に区政を任せたい。プールはなくさないで」と話しました。

(「しんぶん赤旗」2021年11月5日付より)

ぜひ動画もご視聴ください。

タイトルとURLをコピーしました