医療・公衆衛生再生を/日野市で山添拓参院議員が新経済提言を紹介

訴える(左から)有賀、山添、清水の各氏=23日、東京都日野市(写真提供:しんぶん赤旗)

日本共産党の山添拓参院議員は23日、東京都日野市の高幡不動駅前で清水とし子都議と比例での党躍進を訴えました。街頭演説はオンライン配信され、元市議(無所属)の有賀精一さんも駆け付けました。

「総選挙で野党による政権交代をするために、共闘を前に進める最も確かな力の共産党を応援してほしい」。山添氏が冒頭訴えると大きな拍手が起こりました。

山添氏は、自公政権がコロナ禍にもかかわらず病床削減や高齢者医療費窓口2倍化を強行していることを批判し、それに対置し共産党の新経済提言を紹介。感染症病床2倍、ICU(集中治療室)2倍、保健所予算2倍などを実現し、命と暮らしを大切にする政治に切り替えるため、比例で共産党の躍進をと訴えました。

定数2の日野市区で共同の力で初当選した清水氏は「共産党や野党が都議選で躍進して都議会が大きく変わった。次は総選挙で国の政治を大本から変えるため政権交代を果たそう。都議選で私を送り出した力があれば必ず勝利できる」と力を込めました。

有賀氏は「新自由主義から市民が安心して暮らせる政治に変えるため、自公政権を倒そう」と訴えました。

(「しんぶん赤旗」2021年9月24日付より)