都議選勝利へ党幹部・議員奮闘

山下芳生氏

日本共産党の山下芳生副委員長は25日、東京都議選で、杉並区の荻窪駅前で原田あきら候補、豊島区の池袋駅前で米倉春奈候補の勝利と共産党の躍進を訴え、「都民みんなに安心と希望が広がる東京をつくろう」と呼びかけました。

◆杉並区

手をあげて声援にこたえる原田あきら候補(左)と山下芳生副委員長=25日、東京都杉並区(写真提供:しんぶん赤旗)

山下氏は「誰もが人間らしく暮らせる都政を”と声を上げて頑張ってきたのが原田候補だ」と語り、杉並区の200を超える保育・介護などの事業所に3回のアンケート調査を行い、現場の声を都政につないできたと実績を紹介。東京外環道の問題では陥没事故が起きる2年前から、他党が一切触れない中で何度も住民と交流し、都議会で危険性を指摘し続けてきたことを示し、「都民にとっての希望の議席だ」と強調しました。

原田氏は、東京五輪の開催や不要不急の大型開発を進める都政の転換を訴え、「都民が主人公の政治を」と力を込めました。

◆豊島区

訴える山下芳生副委員長(左)と米倉春奈候補=25日、東京・池袋駅西口(写真提供:しんぶん赤旗)

山下氏は、党東京都委員会が取り組んだ「痴漢の実態調査アンケート」に1435人から深刻な被害の状況が寄せられ、この調査をもとに米倉氏が都議会で痴漢被害の問題を全面的に取り上げたことを紹介し、「この質問は大きな注目を呼び、週刊誌でも特集記事が組まれた」とアピール。「ジェンダー平等社会をつくる先駆的な役割を果たしてきた米倉候補の宝の議席を守り抜こう」と力強く訴えました。

米倉氏は、都立・公社病院の独立行政法人化を狙う小池都政を批判し、「病院・医療を守れの声を私に託してください」と呼びかけました。

町田・調布・八王子 田村智子氏

訴える田村副委員長(中央)と池川候補(右)=25日、町田市内(写真提供:しんぶん赤旗)
演説後、支援者に手を振る田村副委員長(中央)と田中候補(右)=25日、調布市内(写真提供:しんぶん赤旗)
手を振る田村副委員長とアオヤギ候補=25日、八王子市内(写真提供:しんぶん赤旗)

日本共産党の田村智子副委員長は東京都議選が告示された25日、町田市で池川友一候補、調布市で田中とも子候補、八王子市でアオヤギ有希子候補必勝を訴えました。

田村氏は、東京五輪開催について「命をリスクにさらすことを政治はやるべきではない。『命を大切にして』との願いは共産党へ」と力を込めると拍手がわきおこりました。

調布駅前で演説を聞いた買い物帰りの男性(65)は「前回は都民ファに入れたが、今回は五輪中止を訴える人に入れる。共産党が一番はっきりしている」と話しました。

田村氏はまた、他党が政策を語らず「共産党候補は大丈夫」と口コミで振りまいていることを批判。「共産党の公約を広く知らせていただき、命と暮らしを守る都政を前に進めていこう」と訴えました。

池川候補は、ツーブロック禁止など理不尽な校則を子どもの権利を守る視点から見直しを求め、全国的に見直しが始まっていることを紹介し「皆さんと声を上げ、共に変えていく力として都政に押し上げて」と呼びかけ。

田中候補は、石原都政時代に統廃合された調布市と狛江市の保健所復活の必要性を強調し「コロナ収束の願い、保健所は必要だとの願いを託してください」と訴えました。

アオヤギ候補は「東京都でパートナーシップ制度をつくり、あらゆる人の尊厳が尊重される新しい社会を子ども達に手渡したい」と力を込めました。

各地で国会議員奔走

東京都議選告示日の25日、日本共産党の国会議員団の各氏は都内各地で候補者の応援に奔走しました。

各議員の演説場所は次のとおり。(敬称略)

衆院▽笠井亮…板橋区、足立区、練馬区▽穀田恵二…墨田区▽高橋千鶴子…八王子市▽塩川鉄也…北多摩1区▽清水忠史…文京区▽田村貴昭…日野市▽畑野君枝…目黒区▽藤野保史…町田市▽宮本徹…北多摩4区、北多摩1区▽本村伸子…北多摩4区

参院▽伊藤岳…北区▽井上哲士…葛飾区▽岩渕友…豊島区▽紙智子…江東区▽吉良よし子…目黒区▽倉林明子…品川区▽大門実紀史…北多摩3区▽武田良介…新宿区▽山添拓…江東区、世田谷区、荒川区、台東区

(2021年6月26日付「しんぶん赤旗」より)