住民の話を聞く原のり子都議(奥中央)=26日、東京都東久留米市(写真提供:しんぶん赤旗)

東京都東久留米市で26日、日本共産党滝山西支部の主催で原のり子都議を迎えてつどいが開かれ「都議選で再び都議会へ」との思いにあふれました。

参加者から「太極拳をやるのに市民プラザが使えないのはおかしい。もっと市民目線で運営してほしい」などの要望が出されると、原氏はここに住み続けるためには重要な問題だと指摘し「市議とも共有していきたい」と応じました。

さらに参加者が「都や国はいろんな制度をつくるが『仏作って魂入れず』みたいな運用がすごく多い。コロナの給付金が出ないというニュースを見ると胸が痛む」と話しました。原氏は、小池百合子都知事は肝心なことをやらずに全国で真っ先に罰則をかけたと指摘。「事業者に休めと言うなら休めるだけの補償をすることが大切」と話しました。

原氏は「定数2の北多摩4区(東久留米市・清瀬市)では共産党の都議は2期連続で当選したことがない」と説明。ほかの野党や無所属議員、幅広い立場の市民の応援を受けていると紹介しながら「1期目もみんなで力を合わせたら議席が獲得できた。今度も力を合わせれば必ず勝ち抜けると確信しています。みなさんの要望に応えていきたい」と訴えると拍手がおきました。

(2021年5月27日付「しんぶん赤旗」より)