日本共産党東京都議団(大山とも子団長、18人)は30日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令に伴う学校の対応と、文化芸術分野への支援について、小池百合子知事、藤田裕司都教育長宛てに申し入れました。

学校については、子どもたちが昨年春以来、学校行事や部活動、友達との交流、スポーツ、遊びなどが制限され、「学びと成長の機会を奪われている」と強調。子供たちの安全確保を図りつつ、子どもの権利を保障する都の責任が求められているとしました。

その上で、▽中止・制限事項は決定を押し付けず子どもの意見を聞く▽学校や幼稚園でのスクリーニング検査実施▽東京五輪の学校観戦中止▽部活動は一律中止としない▽修学旅行などのキャンセル料への財政支援ーを求めました。

文化芸術分野については、無観客開催や休業が要請されているのに、公演団体や個人には協力金などの支給がないことを指摘。補償や協力金の支給を求めました。

(2021年5月1日付「しんぶん赤旗」より)


詳細はこちらより「学校における新型コロナウィルス感染症に関する対応についての申し入れ」(共産党都議団ホームページ)