6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

コロナでお困りの方どうぞ/原のり子都議「くらしの相談受付中」の看板掲げて呼びかけ

この記事は約2分で読めます。

東久留米・清瀬市

コロナ対策の強化を訴える原のり子都議(左)と村山順次郎市議(中央)=10日、東京都東久留米市(写真提供:しんぶん赤旗)

東京都の原のり子都議は10、11の両日、東久留米市と清瀬市を宣伝カーでまわり、「コロナでお困りの方は気軽に声をかけてください。解決に向けて一緒に努力します」と呼びかけました。命と暮らし、人権を守るためには「二つのカギ」を実行することが必要だとして、PCR検査の抜本的拡充、自粛と補償の一体化などを訴えました。

東久留米、清瀬両市議団が行動に協力。「コロナ禍  くらしの相談受付中」の看板を掲げました。

原都議は、「みなさん、心配なこと、不安なことがたくさんあると思います。ぜひ、遠慮なくご相談をお寄せください」とのべ、コロナに感染した人が入院もままならない事態になっていること、救急車で搬送された病院で受け入れを断られるケースも出ていることなど、自身が受けた相談の内容を紹介。「重要なのは、『二つのカギ』を実行することです」と指摘し、

▽コロナは無症状の人が多い。気づかないうちに感染してしまう。徹底してPCR検査を広げ、感染者を把握・保護して感染拡大をとめる
▽飲食店に自粛をお願いするなら、納入業者・生産者なども含めてしっかり補償する

—の2点を訴えました。

(2021年1月14日付「しんぶん赤旗」より)