質問する宮本徹議員=9日、衆院厚労委(写真提供:しんぶん赤旗)

日本共産党の宮本徹議員は9日の衆院厚生労働委員会で、感染拡大地での「GoToトラベル」の一時停止、介護・医療施設などで頻回のPCR検査を国が支援して実施するよう迫りました。

宮本氏は、新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中「医療現場は緊急事態だ」と指摘。政府の分科会が「Go Toトラベル」の一時停止を提言したにもかかわらず、これを無視する政府の姿勢が今日の事態を招いたと批判し、「提言を全面実践すべきだ。菅義偉首相に『GoTo トラベル』を停止するよう説得を」と強く迫りました。田村憲久厚労相は「提言は総理にも伝わっている」と述べるだけでした。

宮本氏は、政府の分科会が示した米国の研究で、検査頻度が高いと感染者が減るとの結果を指摘。北海道旭川市では医療が深刻な事態であり、「これ以上クラスターを発生させないあらゆる手だてが必要だ」として、国も支援して頻回の検査を実施するよう求めました。

そのうえで、医療機関や高齢者施設の頻回検査のために、複数の検体をまとめて検査するプール方式のPCR検査の導入を要求。田村厚労相は、プール方式の検査は各自治体からも要望があるとして、「改めて評価する必要がある。早く結論を出さないといけない」と答えました。

(2020年12月10日付「しんぶん赤旗」より)