6/10 参議院決算委員会で山添拓議員が質問を行います

外環道トンネル中止を/都議会委 とや・原田氏が主張

この記事は約2分で読めます。

日本共産党の、とや英津子、原田あきら両東京都議は23日の都議

質問する、とや都議(写真提供:しんぶん赤旗)

質問する原田都議(写真提供:しんぶん赤旗)

会各会計決算特別委員会分科会で、

東京外環道(練馬区~世田谷区間)の地下トンネル建設の中止を主張しました。

とや氏は、外環道建設が行われている調布市での道路陥没について、住民が振動の被害を訴えていたと指摘。「昨年、世田谷区で振動が起きた時から議会で指摘してきたのに、受け止めない中で起きたのが今回の事故だ」と批判しました。

都建設局の福島真司・三環状道路整備推進部長は、安全に事業を進めることや情報提供が「国など事業者の責務」と繰り返すだけ。

とや氏は、練馬区に建設を計画している青梅街道インターチェンジについて、地元町会が反対を表明し、用地買収率が3割弱にとどまっていると指摘し、都民の声を無視してきた都を批判しました。

原田氏は、国のトンネル施工検討委員会がまともに情報も公開せず「安全」と繰り返してきたと批判。建設を監視する第三者機関の設置と、総工費が7600億円も膨れ上がった外環道の中止を求めました。

(2020年10月28日付「しんぶん赤旗」より)