池川友一都議
質問する池川友一都議=12日、都議会予算特別委員会(「しんぶん赤旗」提供)

日本共産党の池川友一東京都議は12日の都議会予算特別委員会で、頭髪の規制や肌着の色指定など、子どもの権利を尊重しない都立学校の校則について、「学校が生徒の意見も含め議論し見直すべきだ」と求めました。

池川都議は、ツーブロックなど社会で広く受け入れられている髪形を禁止する学校があり、生徒に「ルールで決まっているから」と説明していると紹介。
本当に必要なのか議論すべきだと提起しました。

癖毛や髪の色が明るい場合に「地毛証明書」の提出を生徒に求めることは、「『学校が決めた標準から外れているから異端だ』と『証明』するものだ。人権尊重の理念とは相いれない」と批判。やめるよう求めました。

池川都議は、岐阜県が県立高校の校則を公開し、見直しに取り組んでいること、国連では子どもの意見表明権の保障を勧告していることを紹介。

「生徒や保護者の意見を聞き、校則を見直すべきだ」とただしました。

小池知事は「子どもがあらゆる場面で権利の主体として尊重される必要がある」と答弁。

藤田裕司教育長は、校則見直しについて、「生徒の意見、保護者の意識、社会状況」を踏まえ行うものと答えました。

池川都議はまた、シルバーパス (70歳以上のバス・都営交通乗車証)について、都県境を越える民間バス路線で利用できないため、こうした路線が集中する町田市では利用者が不便を強いられていると指摘。

都営交通では都県境を越えた路線で利用できることを示し、改善を求めました。

(2020年3月14日付「しんぶん赤旗」より)