国際女性デーに、ジェンダー平等の社会へと訴える(左から)山添参院議員、田村副委員長、吉良参院議員、斉藤都議=8日、東京都千代田区(「しんぶん赤旗」提供)

日本共産党は8日、東京・有楽町で、同日の「国際女性デー」を祝う街頭宣伝を行いました。

ジェンダー平等の希望ある社会を求め、田村智子副委員長、吉良よし子、山添拓の各参院議員と斉藤まりこ都議が「国際女性デー」を象徴するミモザの花束を掲げ演説しました。

田村副委員長は、フラワーデモや「#MeToo(ミートゥー)」運動など性暴力やハラスメントを許さない運動の広がりが「日本社会を動かし始めている」と女性たちにエールを送り、「経済と政治の分野での女性の地位向上」へ具体的な政策が求められていると強調。
男女賃金差別の是正、「#KuToo(クートゥー)」運動が訴えた「女性だけに禁止や強制をする社会の見直し」など政治を動かす決意を述べました。

吉良議員は世界各国の男女平等の度合いをランキングした「ジェンダーギャップ指数」で、日本が121位と過去最低となったことをあげ、「まだまだ日本には根深い女性差別がある」と批判。
女性の医師が少ない背景に医大の入試差別があると指摘し「徹底的にこの差別是正を求めていく」と訴えました。

山添議員は、性暴力被害者の泣き寝入りの原因となる刑法の暴行脅迫・抗拒不能の要件撤廃が必要だとし、「女性の自由と平等を守る法の見直し」を求めました。

斉藤都議は都議会で就活セクハラを取り上げ質問したことなどに触れ「立場の弱い学生や求職者が自由に働ける労働現場をつくる」と訴えました。

小雨が降る中、通行する人が立ち止まって演説に聞き入り、スマホで写真を撮るなど注目を集めました。

(2020年3月8日付「しんぶん赤旗」より)