日本共産党東京都委員会

【BSフジ番組】田村智子副委員長・参院議員が出演 「桜」疑惑 閉会後も追及

日本共産党の田村智子副委員長・参院議員は9日夜放送のBSフジ番組「プライムニュース」で、安倍晋三首相の「桜を見る会」私物化疑惑について与野党の代表と討論し、国会閉会後も追及を続けるべきだと強調しました。

田村智子副委員長
プライムニュースで発言する田村智子副委員長(BSフジから)

田村議員は、安倍晋三首相や菅義偉官房長官が出席する予算委員会の開催を野党が求めたのに対し、自公が拒否したと指摘。
「国会が閉じようが質問を続け、次の通常国会につなげる」と語りました。立憲民主党の長妻昭代表代行は、官僚が野党議員や国会に対して虚偽説明を繰り返したとして「忖度(そんたく)極まる」と強調。実態の全容解明が必要だと述べました。

自民党の柴山昌彦政調会長代理は、招待者名簿の人数が膨れ上がったとして「全てを解明するのは難しい」と弁明。
悪質なマルチ商法を展開したジャパンライフの元会長が首相招待枠に入った経緯も「明らかになるのかは議論してもらえばいいと思うが、おのずと限界がある」と真相解明に背を向ける姿勢を示しました。

桜を見る会の問題点について田村議員は、

(1)公職選挙法の買収の疑いがある
(2)ジャパンライフに渡した招待状が国民に実害を与えた

の2点が重大だと指摘。「実際に犠牲になった人もいる。なぜ首相が調査を指示しないのか」と批判しました。

招待者名簿のバックアップデータは“組織共用性がない”ため、公文書ではなく情報公開請求の対象外とする菅官房長官の発言について、司会の反町理フジテレビ報道局解説委員長が「何のためのバックアップかとなりかねない」と言及。

これに対して柴山氏は「公に閲覧可能なものが情報公開請求の対象。バックアップは復元すれば閲覧可能になるが、どんな形で保管されているか分からないところについて開示請求にならない」と述べました。

田村議員は「公文書が毀損したときのためのバックアップデータだ。詭弁でしかない」と指摘。

長妻氏は「バックアップデータも復元できるのではないか」と述べました。

(2019年12月11日付「しんぶん赤旗」より)