安倍晋三首相は10月18日、首相官邸で開かれた国家安全保障会議(NSC)で、中東への自衛隊派兵の可能性を検討するよう指示しました。
これについて日本共産党の志位和夫委員長は「『有志連合』には入らないというが、仮にアメリカとイランが戦争状態になったら、自衛隊が動員されないことにはならない。一緒に戦争をやることになる」と批判しました。

↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます