「さようなら原発全国集会」が21日、東京都渋谷区の代々木公園で開かれました。汗ばむ陽気のなか、1万人(主催者発表)が参加。
「安倍政権による福島切り捨て許さない」「原発いらない」の声をあげました。

「原発いらない」とデモ行進するさようなら原発全国集会の参加者=21日、東京都渋谷区(Web版「しんぶん赤旗」より)
主催は、「さようなら原発」1千万人署名市民の会。総がかり行動実行委員会が協力しました。

「市民の会」呼びかけ人の鎌田慧さん(ルポライター)と落合恵子さん、市民や野党議員らが登壇しました。

鎌田さんは、原発に固執する安倍政権を「無責任だ」と批判し「原発をなくそうという声を、全国で点から線へ、線から面へと広げていこう」と呼びかけました。

落合さんは「今年は、選挙の年です。“こんな政権は許さない”ときっぱり示そう」と語りました。

東京電力福島第1原発事故の責任を追及し、旧経営陣3人を刑事告訴した福島原発告訴団の人見やよいさんは、「原発事故の責任を誰も取っていない」と批判。
刑事裁判で納得できる判決を勝ち取るとともに、「統一地方選、参院選で原発推進に反対する政治家を一人でも多く送りだし、安倍政権にノーを突き付けよう」と訴えました。

昨年3月に立憲民主党、日本共産党、自由党、社民党が共同提出した「原発ゼロ基本法案」について、山崎誠衆院議員(立憲民主)が報告。
審議を拒否し続ける自民・公明両党を批判し、「法案を野党の統一した旗印として掲げ、実現へ一致協力していく」と表明しました。

総がかり行動実行委員会共同代表の福山真劫さんが連帯あいさつ。
「野党と連帯し、安倍政権を必ず引きずりおろしましょう。未来への責任として、力を合わせましょう」と呼びかけました。

集会後、参加者は都内をデモ行進しました。

(2019年3月22日付「しんぶん赤旗」より)