東京都品川区長選(9月23日告示、30日投開票)に立候補を表明している元都議の さとう裕彦氏(60 ) 無所属新=は24日の記者会見で、羽田空港への低空飛行ルートの撤回や、憲法と地方自治が生きる品川区政の実現を目指す政策を明らかにしました。

区民や労働組合、団体でつくる「みんなの品川をつくる会」がさとう氏と結んだ政策協定では、

各政党の代表とともに記者会見する さとう裕彦氏=24日、東京都庁(「しんぶん赤旗」提供)
▽特別養護老人ホームや障害者施設増設で誰もが安心して暮らせる福祉のまち
▽特定整備路線事業の検証、住民参加での防災まちづくり、原発ゼロを目指す
▽認可保育園の建設を軸に待機児をゼロにする
▽中小企業の営業を守る
▽平和憲法を守り、政府に核兵器禁止条約への参加を求める

などを掲げ ています。

会見では、「みんなの品川をつくる会」の広瀬勲綏共同代表は「今の区政では区民の願いをかなえられない。政党、個人と論議を重ね、たたかう合意ができた」と強調。

三橋泉共同代表も「羽田低空飛行ルートで区民の3分の1が影響を受ける。さとうさんが低空飛行撤回を掲げたので、応援したい」と述べました。

さとう氏の推薦を予定する各政党の代表も出席。

日本共産党の香西克介・品川地区委員長はさとう氏と政策協定を結んだことを紹介しました。

日本共産党の白石たみお都議、都民ファーストの会の山内晃都議、立憲民主党の西沢圭太都議、阿部祐美子前区議、自由党都連の渡辺浩一郎会長も同席しました。

(2018年8月25日付「しんぶん赤旗」より)